主にプログラミングに関して。Python, .NET Framework(C#), JavaScript, その他いくらか。
記事にあるサンプルやコードは要検証。使用に際しては責任を負いかねます

スポンサーサイト

                
tags:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GTK vs Qt

                
tags:
GTKかQtか迷ったので参考になりそうなものを訳す。

http://www.wikivs.com/wiki/GTK_vs_Qt
**********************************************
GTK+とQtはGUIの開発フレームワーク。GTK+はGNOMEとXfce、QtはKDEに使われた。

開発
QtはQt Software(Nokiaの一部門)周りのオープンコミュニティで開発されている。Qt SoftwareはNokiaに買収されるまではTrolltechという名前だった。
GTK+はGIMPのために作られ、今はGNOME Foundationが開発をしている。

ユーザビリティ
QtのAPIは簡潔でGTK+のものより良いとされている。QtはコードジェネレーターとしてMOCを使っている。
C++のGTK+インターフェースであるGTKmmは、スタンダードなC++のテンプレートを使っている。

デザインツール
GTK+を使う場合、多くの人はGladeを使っている。
QtにはQt Creatorがある。

ドキュメント
QtのはTrolltechが多量のドキュメントを用意している。
GTK+ではDevHelpシステムを使ったオンラインでもローカルでも使えるものが用意されている。

カバー領域
QthでならHTTPイベントを容易にGUIにつなげられる。
GTK+はGUIツールキットでしかない。しかしGLib, GIO, GNet, GStreamer, Poppler, Pango, Cairo Clutterなどのライブラリを容易に併用できる。

運用性
詳細はリンク先参照。両方ともクロスプラットフォームだが、GTK+ではWindows MobileやAndroidで使えない。

パフォーマンス
いつだかはGTK+のほうが使用メモリが少ないといわれていたが、改善されてきたのでそんなことはなくなってきた。

言語
色々な言語で開発できる。
python binding:両者ともLGPLのバインディングがある(PyGTK, PySide)。PySideはGPLライセンスのPyQtより制限がある。

ライセンス
GTK+はLGPL。つまりはソース公開せずにダイナミックリンクを使用可。
Qtは三形態。フリーバージョンのQtはLGPL、GPLライセンスのライブラリを使うならオープンソースにしろ、商用ライセンスを得ればソース公開しなくてOK。
**********************************************

モバイルにも流用するかも→Qt
ソース公開したくない→GTK+が優勢?
            

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Matoba

Author:Matoba

最新記事
リンク
作ったものなど
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。