主にプログラミングに関して。Python, .NET Framework(C#), JavaScript, その他いくらか。
記事にあるサンプルやコードは要検証。使用に際しては責任を負いかねます

スポンサーサイト

                
tags:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMware PlayerにWindows 10 Technical Previewをインストールしていじってみる

                
tags:
 Windowsの新OSのプレビュー版が公開されたので、VMware Playerに入れていじってみる。VMware Playerへのインストールは他のOSを入れるときと大差なく、順番に提示される指示に従うだけなので別段難しいことはない。インストールOSの選択でWin 8.1あたりを選択しておけば、容量などに適当な値が適用されるようなので楽。

 インストール完了からデスクトップへ。おおよそはWin 7に似ていて、Win 8いたってはほぼそのままなデスクトップ画面。Win 8ではアクティブなウィンドウが影を落とさなかったらしいが、Win 10では影を落とすようになっている、ちょっと薄いと思うが。
1410021115120.jpg


 デスクトップではスタートボタンから表示されるメニューに統合されたメトロのメニュー。デフォルトでどんな風になっているかは公式を参照してもらうとして、今回はカスタマイズができるという点を。もちろん全部消すことはできるし、旧来のWindowsにあったマイフォルダやコントロールパネルへのリンクを置くこともできた。
1410021054378.jpg


 標準機能として追加される仮想デスクトップ。Technetでずっと前から配布されているが、標準機能として搭載されるのは初か。とりあえずいくつも仮想デスクトップを作れることを確認した。
1410021032151.jpg


 目につきやすい変化とは別に、変わっていてほしくないところもある。開発に使うものが動くかという点だ。個人的に気になるのは.NET FrameworkとPython。まず.NET Frameworkから確認。とりあえず4.0が入っていたが、Win8のデフォルトが4.5であったことを考えると間に合わせだろうか。
1410021028423.jpg


 あとはPythonとIronPythonがインストールできるか。.NET Frameworkが便利で、そのためにIronPythonもいくらか使っている。インストールはできた。
1410021041102.jpg

 IronPythonで書いたスクショアプリケーションを動かそうとしてみた。アセンブリの読み込みエラーが出た。
https://www.google.co.jp/search?client=opera&q=fwlink+155569&sourceid=opera&ie=UTF-8&oe=UTF-8
Win 8.1のときはこんなエラーを吐かずに立ち上がったなと思いつつ調べると、.NET Frameworkの
4.0は動的にアセンブリをロードする場合は許可を与えておく必要があるらしい。4.5ではこれがデフォルトで許可になっているからWin 8.1ではエラーが出なかったと。自作のアプリケーションでIronPython以外に疑うようなアセンブリはロードしてないのでとりあえず読み込み許可を与える。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/vstudio/dd409252.aspx
http://stackoverflow.com/questions/6469513/how-do-i-setup-configuration-when-i-use-command-line-to-build-c-net
 走った。
1410021243383.jpg


 今回はここまで。Win 10のプレビュー版にて、スタートボタンから開かれるメニューにメトロが統合されたこと、それらがカスタマイズ可能であること、仮想デスクトップの追加などの変更点に関して確認できた。またPythonやIronPythonをインストールしてみた。とくにIronPythonでは簡単ではあるが一つのアプリケーションを動かすことができた。このあたりは安心しておよそ一年後のリリースを待つことができそう。
            

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hMatoba

Author:hMatoba
Github

最新記事
リンク
作ったものなど
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。