主にプログラミングに関して。Python, .NET Framework(C#), JavaScript, その他いくらか。
記事にあるサンプルやコードは要検証。使用に際しては責任を負いかねます

スポンサーサイト

                
tags:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IronPython, WPF: Windowsスクリーンショットアプリケーション

                
140613175202.png

 記事をわかりやすく書こうとするとき、説明のためにデスクトップのスクリーンショットが欲しくなることがある。だけどもキーを押してから、イメージエディタを開いて、ペーストして編集しやすい表示倍率に直して、余白とかをトリミングして、リサイズして、ファイル名を与えて、ファイル形式を選択して保存するという一連の手順が面倒でたまにそれをやらなかった。
 ファイル名は重複が起きないように日時を使っていて、形式は文字などがにじまないようにPNGにしている。そのルールで、いちいちイメージエディタを開かずにスクショが得られるようにアプリケーションを書いた。

 アプリケーションを立ち上げたら半透明なウィンドウと、右下にもう一つウィンドウが出てくる。半透明なウィンドウが覆っている領域がそのままスクショの領域になるので、半透明ウィンドウをドラッグして動かしたりウィンドウ右下のThumbをドラッグしてサイズ調整したり。右下のウィンドウでShoot!ボタンを押せばデスクトップに日時がファイル名になったPNG画像が保存される。出力画像の横幅を入力すれば、画像の縦横比がそのままでリサイズされた画像が保存されるし、必要に応じてスクショを任意時間経過後に撮るタイマー機能もある。

確認済み動作環境
.NET Framework 4 on Windows 7
.NET Framework 4.5.1 on Windows 8.1

            

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hMatoba

Author:hMatoba
Github

最新記事
リンク
作ったものなど
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。