主にプログラミングに関して。Python, .NET Framework(C#), JavaScript, その他いくらか。
記事にあるサンプルやコードは要検証。使用に際しては責任を負いかねます

スポンサーサイト

                
tags:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RaspberryPi: 無線接続ファイルサーバ

                
 家のネットワークが無線になり、RaspberryPiにも小型のUSB無線アダプタ(logitec:LAN-W300NU2S)をつけて無線化した。そんでファイルサーバとして使ってるけどどのくらい実用性があるかというメモ。

 Snapshot_20140322.jpg
 とりあえずサーバの小ささというのがウリ。透明のプラケースに入ったRaspberryPiをさらに百均で買ったペン立てに入れてある。RaspberryPiのストレージにしている3.5インチHDDとRaspberryPi本体の占有スペースはいい勝負。

Snapshot_20140322_6.jpg
 3.5インチHDDのデータを2.5インチHDDに移して写真のような完全小型化をしたいが、まだUSB-SATAアダプタが調達できていないのでこれはまだ先。


 で、ファイルサーバとしてどれくらい使えるかという話。とくにぼくはこれをオーディオやビデオのメディアファイルサーバとして使うことを考えていた。オーディオは問題なく再生できたが、ビデオはスムーズな再生ができなかった。ビデオはmoraで配信されている普通のMVで、ビットレートは1700kbps。
 有線でつないでいた頃は問題がなかったことを考えると、無線化に問題がある。pingを試してみると600msとか出る上に数値が安定しなかった。これの改善策としては、アダプタを買い換えるか、無線接続をやめてルータに有線接続してしまうことだろう。SATA-USBアダプタを買ってサーバ全体がペン立てにおさまってしまえば、ルータの横に容易に置ける。
 とりあえずファイルサーバとしては、多少の制限がある使い方になりそうだ。しかし取れる対策がないという状況でもない。そんなところ。
            

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hMatoba

Author:hMatoba
Github

最新記事
リンク
作ったものなど
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。