主にプログラミングに関して。Python, .NET Framework(C#), JavaScript, その他いくらか。
記事にあるサンプルやコードは要検証。使用に際しては責任を負いかねます

スポンサーサイト

                
tags:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RaspberryPi: 無線アダプタを使う

                
 無線LANに接続をできるようにするUSBアダプタが一つ余っていたので、RaspberryPiに挿して無線接続を図ってみた。接続まですんなりと……いかなかったのでメモ。
OS:Raspbian
無線アダプタ:LAN-W300N/U2S


 RaspberryPiにはデフォルトでメニューの中にWifi configというのがあって、これを実行するとwpa_guiが立ち上がる。wpa_guiを使えば簡単にセットアップできそうだと思っていたら、無線アダプタを接続してもwpa_guiのメニューになにも出てこなかったので他の手段を取る。

 sudoでifconfigだったかiwconfigを使えば、接続設定可能な一覧が出てくる。無線アダプタをUSBに挿した状態でwlan0が一覧にあるかを確認。これがあれば無線アダプタをハードとして認識できているので、あとは適切な接続設定をするだけになる。なければ無線アダプタのドライバインストールを。

 無線の親機の設定も確認しておく。SSIDと接続のためのパスキーを。MACフィルタやSSIDのhidden設定はセキュリティ対策としてはそれほど効果的でないようなので、切っておいた方がややこしくなくて楽(参考)。セキュリティを高くするため、WPA2-PSK、AESで設定をする。

 wpa_supplicantをインストールする。それでコマンドからwpa_passphrase [ssid] [key]と打てば、/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confにssidと暗号化されたpskが書きこまれる。あとは/etc/network/interfacesと/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confをもう少し書き換える。

interfaces
***
auto wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
***

wpa_supplicant.conf(WPA2-PSK、AES)
***
network={
scan_ssid=1 #ssidがオープンになってなければ必須
ssid="[SSID]"
proto=RSN
ke_mgmt=WPA-PSK
pairwise=CCMP
group=CCMP
#psk=[PSK]
psk=??????????????????????
}
***

あとはifdown wlan0実行、ifup wlan0実行して接続が確立されればOK。



追記
無線がしばらく(30分?)使われないと、自動で無線アダプタがオフになる設定がデフォルトでされているらしい。いきなり他マシンからの接続がオフになったのでサスペンドやスリープを疑ったが、Raspbianにはそういう機能はないらしい。stackexchangeでそれについて触れられていたので、参考にして設定ファイルを追加して無線の自動オフを回避するようにした。
            

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Matoba

Author:Matoba

最新記事
リンク
作ったものなど
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。