主にプログラミングに関して。Python, .NET Framework(C#), JavaScript, その他いくらか。
記事にあるサンプルやコードは要検証。使用に際しては責任を負いかねます

スポンサーサイト

                
tags:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍情報を取得するためのAPIをいくつか

                
tags: WebAPI
 ISBNやタイトル、著者から書籍情報を取得するためのAPIはいくつかある。Amazon Advertising APIがたぶんもっとも有名なもので、これを使って情報取得するというブログ記事は簡単に見つかる。ここでもPythonでやったことがあるし。書籍をそろえるAmazonだけあって、素晴らしいぐらいに情報が揃うし、出版済みの本の正しいISBNをぶん投げてなんの情報も取ってこれなかったってことはない。なんの制約もないなら、書籍情報の取得はこのAPIにすべて頼りたいぐらい。
 だけどこのAPIの利用制約として商用利用のみ。使用開始までにはちょっと手間な登録作業もある。リクエスト発行回数も時間当たりの上限が設定されている。というわけで、手軽に使える書籍情報取得APIを他にさがしてみる。

Google Books API
https://developers.google.com/books/docs/v1/using?hl=ja#PerformingSearch
Googleが本に関するサービスをしているから、マイ書棚作成のような手の込んだこともできる。もちろん書籍情報の取得もできて、ISBNで書籍情報をひっぱってくるぐらいなら登録不要でURLリクエスト一発。返ってくるデータがJSONなのもクール。だけどデータベースが貧弱。書籍といってもわりと新しいタイトルは未登録のため情報取得できなかったり、マンガが駄目だったり、そもそもハードカバーの本だろうが何だろうがISBN投げても情報取ってこれなかったり。手軽なのはいいけどちょっとね……という感想。
リクエスト例:https://www.googleapis.com/books/v1/volumes?q=isbn:[ISBN]

国立国会図書館サーチAPI
http://iss.ndl.go.jp/information/api/
日本中の発行物はまじめなものからマンガ、ポルノとあらゆるものが収められているといわれる国立国会図書館のAPI。商用利用は申請必須、リクエスト発行をヘビーに繰り返す場合も登録必須。でもそうでなければ今すぐ、登録せずに使えるかもというAPI。自分の使用条件が登録必須かどうかはリンク先で。これはマンガもOKだったし、説明ページにある例を試してみるとCDの情報までも返ってきてる。
リクエスト例:http://iss.ndl.go.jp/api/sru?operation=searchRetrieve&query=isbn=[ISBN]
            

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hMatoba

Author:hMatoba
Github

最新記事
リンク
作ったものなど
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。