主にプログラミングに関して。Python, .NET Framework(C#), JavaScript, その他いくらか。
記事にあるサンプルやコードは要検証。使用に際しては責任を負いかねます

スポンサーサイト

                
tags:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windowsインストーラを作成する

                
 作ったWPFアプリケーションを実行形式にしたとして、それを付属のDLLファイルとともにZIPファイルにして、PCに疎い人に渡す。そして「解凍して中にある実行形式ファイルを走らせてくれ」と言っても、それはなかなか難しい。こんなとき、ZIPでなくMSIやEXEのインストーラになっていると話が早く進む。というわけで、今回は実行形式ファイルとそのDLLファイルからWindowsインストーラを作る。必須ツールはVisual Studio2010。たぶんExpress Editionでも使える。

 インストーラ作成のツールはVS2010にもとから入っているVSセットアップというものがあるが、これは次のバージョン以降で無くなるらしい。だからその後継となるInstallShield LimitedEditionを使う。これはフリーなために多少の機能制限があるが、それでもVSセットアップよりはリッチだと思う。

 まずVS2010を立ち上げ、プロジェクトの新規作成で、テンプレートを「その他のテンプレートの配置→セットアップと配置→InstallShield LE」とする。最初の使用時には利用登録などのアクティベーションが必要になる。プロジェクトが開かれたらなにをすればいいかのか戸惑うかもしれないが、そんなときに役立つ説明が表示されているので、これに従って進めればいい。また、プロジェクトのターゲットを、CDイメージとしてビルドするか、それとも単一ファイル(SingleImage)でビルドするかを選べる。これは昨今ではWebで配布の方が多いので、SingleImageに世話になることが多いだろう。
1209211.jpg

 一つネックになったのが、プログラムメニューフォルダへのショートカット登録だった。VSセットアップでは、ショートカットを作成して、プログラムメニューフォルダに登録設定しておくと、自動でパスが有効なものになった。InstallShieldでそれをやろうとすると、パスがショートカット作成時のままで、自分で環境変数を使ったパスに書き換える必要があった。
120921.jpg

 表示される説明にしたがって設定項目をひととおり埋めたら、あとはビルドするだけだ。そうすればC++アプリケーションのときなどと同様にbinフォルダにインストーラが生成されている。あとはこれを配布するだけ。
1209212.jpg


参考:http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/vblab/compareinstaller/compareinstaller_02.html
            

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Matoba

Author:Matoba

最新記事
リンク
作ったものなど
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。