主にプログラミングに関して。Python, .NET Framework(C#), JavaScript, その他いくらか。
記事にあるサンプルやコードは要検証。使用に際しては責任を負いかねます

スポンサーサイト

                
tags:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本や歌、映画の言葉をつなぐ蔵書管理的サービス

                
tags:
CRADLEPH

 ロックミュージックを好む人は案外、文学も好む。体を揺らし、ときには頭を揺らしながらロックを聴く。しかし足を組んで座り、頬杖をつきながら、落ち着いて読書にふけることもある。

 僕の周りをざっと見てそんな感覚があった。文学の話題ができる人は、ロックの話題をしても話が弾んだ。そこでTwitterを調べるとプロフィールに好きなロックバンドを書いている人が、タイムラインに文学の話題を流しているのをいくつも見た。ロックバンドはナインインチネイルズ、ツール、ミューズ、マリリン・マンソンなどキレイなのからキツイのまでしっかり。文学はヘッセやドストエフスキーを好む人が多かった。『ドグラマグラ』というのを読んでいる人が結構いたようにも思う。

 僕は文学とロックには通じるものがあると考えている。不条理な生き方を訴えたアルベール・カミュ(セイン・カミュの親戚にあたる人でノーベル文学賞受賞者)の『不条理な人間』の冒頭が以下だ。
"「わたしの活動領域、それは時間だ」とゲーテは語った。これはまさに不条理な言葉だ。不条理な人間とは実際なになのか。永遠を否定はしないが、永遠のためにはなにもしないひとのことだ"
そして有名なロックバンドBon Joviの『It's My Life』のサビは以下だ。
"It's my life. It's now or never. I ain't gonna live forever. I just want to live while I'm alive"
カミュもBon Joviも、言葉を引用されたゲーテも明らかに同じことを言っている。「自分が永遠に生きられるという勘違いをするな」ということだ。

 そんなわけで、似たことをうったえるもの同士をまとめたくてWebサービスを作った。本と音楽の間だけでなく、本同士でもいいし、映画だってつなげる。映画のマトリックスには諸行無常の概念が意図的に込められているし、iTunesのCMで流れていたColdplayの『Viva la Vida』の歌詞からも諸行無常の概念を読み取ることができる。
 本を多く読む人でドッグイヤーを作っている人は、異なる本で似たような言葉をドッグイヤーしているという経験があるはずだ。そんなものをまとめていきたいなと。



既存の蔵書管理サービスとはちょっと違う蔵書管理的なサービス。
CRADLEPH
 
            

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hMatoba

Author:hMatoba
Github

最新記事
リンク
作ったものなど
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。