主にプログラミングに関して。Python, .NET Framework(C#), JavaScript, その他いくらか。
記事にあるサンプルやコードは要検証。使用に際しては責任を負いかねます

スポンサーサイト

                
tags:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.NET Framework, C#: 軽量WebフレームワークNancyの基礎

                
 前回に.NET Frameworkで使える軽量WebフレームワークNancyを、本当にプラットフォームをまたいで使えるかためした。前回はコードに手をつけなかたので、今回はそこを。前回作成したプロジェクトをいじっていくことにする。
SinatraインスパイアのWebフレームワークNancyを試す

 下記がデフォルトのIndexModule.csというコードファイル。これがクライアントからのリクエストの処理を司っている。ラムダ式でガリガリ処理を書いていく。
namespace NancySelf
{
using Nancy;

public class IndexModule : NancyModule
{
public IndexModule()
{
Get["/"] = parameters =>
{
return View["index"];
};
}
}
}

上記はルートにアクセスすると、index.sshtmlにテンプレートを施した結果を返すようになっている。もうちょいシンプルにするためにテンプレートを抜いてただの文字列だけ返すようにして、パスやクエリ、フォームからの送信値を変数として扱う方法の例をまず。

namespace NancySelf
{
using Nancy;

public class IndexModule : NancyModule
{
public IndexModule()
{
// url
Get["/welcome/{name}"] = parameters =>
{
return "Welcome, " + parameters.name;
};

// query
Get["/bye"] = parameters =>
{
return "Bye, " + Request.Query.name;
};

// post form
Get["/hello"] = parameters =>
{
return View["hello"];
};

Post["/hello"] = parameters =>
{
return "Hello, " + Request.Form.name;
};


Get["/"] = parameters =>
{
return View["index"];
};
}
}
}

 一番上から。/welcome/Johnにアクセスすると"Welcome, John"が表示される。
 その下。/bye?name=Johnにアクセスすると"Bye, John"が表示される。
 三つ目。/helloにアクセスするとフォームが表示される。フォームに入れた文字列はPostされるようになっている。"John"をPostすると、その下のPost["/hello"]に入れたラムダ式が実行され、結果として"Hello, John"が返ってくる。

 上記の例は文字列を返しているが、デフォルトではHTTPヘッダのコンテンツタイプはtext/htmlになっているので、実はヘッダとコンテンツの間に矛盾が生じている。ただの文字列を返したいとき、正しくは下記のように。
Get["/welcome/{name}"] = parameters =>
{
var response = (Response)("Welcome, " + parameters.name);
response.ContentType = "text/plain";
return response;
};


 さらに使いそうな処理パターンを加えてみる。文字列やHTMLだけでなくJSONを返したいときもあるだろう。JSN文字列を作りつつ、ヘッダのコンテンツタイプをいじる。
Get["/hey"] = parameters =>
{
var dict = new Dictionary<string, string>();
dict.Add("name", "John");
var jss = new JavaScriptSerializer();
var jsonStr = jss.Serialize(dict);

var response = (Response)jsonStr;
response.ContentType = "application/json";
return response;
};

14082200562150.jpg


 返すコンテンツが文字列だけとは限らない。Postされた画像を加工して返すとか、データベースに入れられた画像のバイナリデータを返すことも考えられる。
Get["/image"] = parameters =>
{
byte[] data = File.ReadAllBytes("Content/nancy-logo.png");
var response = new Response();
response.ContentType = "image/png";
response.Contents = s => s.Write(data, 0, data.Length);
return response;
};

1408220053256.jpg


 認証エラーとかコンテンツが見つからないときはエラーコードを与えたいこともある。
Get["/error404"] = parameters =>
{
var response = (Response)"404ERROR";
response.WithStatusCode(404);
return response;
};

14082200550500.jpg


 HTML以外のレスポンスも、HTTPのヘッダをいじるメソッドを実行することで返せる。非常にシンプル。

 マイクロフレームワークとか呼ばれるものの便利な点は、HTTPをそれなりわかっていれば、やりたいことはわりとパッとできるところにあると思う。それを考えると逆に、C#でNancyを使いつつHTTPを学んでみるのも一考。
 とりあえず今回書いたコードの全体をまとめたものも載せておく。
namespace NancySelf
{
using System.Collections.Generic;
using System.IO;
using System.Web.Script.Serialization;
using Nancy;

public class IndexModule : NancyModule
{
public IndexModule()
{
// url
Get["/welcome/{name}"] = parameters =>
{
return "Welcome, " + parameters.name;
};

// query
Get["/bye"] = parameters =>
{
return "Bye " + Request.Query.name;
};

// post form
Get["/hello"] = parameters =>
{
return View["hello"];
};

Post["/hello"] = parameters =>
{
return "Hello, " + Request.Form.name;
};

// return json
Get["/hey"] = parameters =>
{
var dict = new Dictionary<string, string>();
dict.Add("name", "John");
var jss = new JavaScriptSerializer();
var jsonStr = jss.Serialize(dict);

var response = (Response)jsonStr;
response.ContentType = "application/json";
return response;
};

// return png image
Get["/image"] = parameters =>
{
byte[] data = File.ReadAllBytes("Content/nancy-logo.png");
var response = new Response();
response.ContentType = "image/png";
response.Contents = s => s.Write(data, 0, data.Length);
return response;
};

// error
Get["/error404"] = parameters =>
{
var response = (Response)"404ERROR";
response.WithStatusCode(404);
return response;
};



Get["/"] = parameters =>
{
return View["index"];
};
}
}
}
スポンサーサイト
プロフィール

Matoba

Author:Matoba

最新記事
リンク
作ったものなど
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。