主にプログラミングに関して。Python, .NET Framework(C#), JavaScript, その他いくらか。
記事にあるサンプルやコードは要検証。使用に際しては責任を負いかねます

スポンサーサイト

                
tags:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙に使い心地がしっくりくるLinux Mint

                
tags:
 Windowsに慣れた人がLinuxをなんとなくいじってみたければ、個人的にはUbuntuよりMintを勧めるという話。

 ぼくが自分のPCに初めて入れたLinuxのディストリビュージョンはUbuntuだ。それでまあしばらくはいじっていたんだけど、あるアップグレードを境にデスクトップにUnityが採用され、それが個人的にはなんともいじりづらいものだったのでUbuntuを開くことが滅多になくなってしまった。

 もともとUbuntuはタスクバーがデスクトップ上部にあって、左上にアプリケーションやフォルダを開くためのメニューがあって、右上に時計や電源管理があった。これってWindowsというよりMacじゃないだろか。
 そんでもってUnityの導入でデスクトップにランチャーが追加された。Unityが導入されたUbuntuデスクトップでアプリケーションを立ち上げたければランチャー上のアイコンをクリックするか、ランチャーからキーワードで検索をかける必要があった。インストールされたアプリケーションの一覧から選ぶことに慣れていたから、やたら不便に感じた。
 UbuntuはUnityの導入によって、なにかに似た使い心地のOSでなく、Ubuntuという一つの洗練されたデスクトップを提供するOSとして進化したんだと思う。Unityというデスクトップ機能はWinやMacのデスクトップに似せるために作られたものではないだろう。それがデスクトップのメイン機能として座しているのだから、WinやMacとは明らかに別物だ。

 Mintは従来のWinOS(Win8になる前)に似ている。どこが似ているかというと、タスクバーはデスクトップ下部にあり、左下にスタートメニューに似た『メニュー』がある。ここを開くとアプリケーションの立ち上げ、フォルダのオープン、ソフトウェアの管理、電源の管理などを選択することができる。Winでいうところのスタートメニューがあり、基本的にはそこからすべてが始められるということだ。このあたりがWinに慣れた人にUbuntuより触りやすいと思う理由だ。
 ただMintはUbuntuより新しいディストリビュージョンであり、Ubuntuのほうが幾分メジャーな立場である。Ubuntuのほうがドキュメントを探しやすかったりという便利さがある。それでもMintがubuntuベースであるということを知っていれば結構解決できるものがあるけど。

 XPがサポート切れるからUbuntuにしようっていうのを見かける。ぼくとしてはXPユーザなんかは特にスタートメニュー依存していると思うから、それならMintを使った方がどうにかなるんじゃないかと思うところ。Winに慣れているからこそ勧めようと思うLinux Mint。
スポンサーサイト

Linux Mint(Mate)にApache Cassandraをインストール

                
tags: Cassandra
 ちょいとデータベースを検討していてCassandraはどうかと思ったので、試すためにMintにインストール。そのメモ。


 CassandraはJavaで作られているのでCassandra本体とは別にJavaも必要。まずJavaを用意。
$ sudo apt-get install openjdk-6-jdk

http://wiki.apache.org/cassandra/DebianPackaging
 続いてCassandraを入れるのだが、デフォルトではapt-getで入れられない。/etc/apt/sources.listを管理者権限で開いて二行追加。"20x"というのはバージョン2.0.xを指定していることになる。
deb http://www.apache.org/dist/cassandra/debian 20x main
deb-src http://www.apache.org/dist/cassandra/debian 20x main

 ソフトを更新。
$ sudo apt-get update
すると鍵がないぞというエラーメッセージがそのうち吐かれる。
>>http://www.apache.org 20x Release: 公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした: NO_PUBKEY XXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXの部分が鍵になっているのでメモ。そして鍵をセットする。
$ --keyserver pgp.mit.edu --recv-keys XXXXXXXXXXXXXXXXXX
$ gpg --export --armor XXXXXXXXXXXXXXX | sudo apt-key add -

 あとは下記二行でCassandraが入る。
$sudo apt-get update
$sudo apt-get install cassandra


 ちょいとCassandraを立ち上げてみる。成功すればリッスン状態になったというメッセージが出る。デフォルトではログの書き込み場所などがおそらく管理者権限が必要な場所のため、管理者権限で実行する。終了は"Ctrl + c"で。他の方法でCassandraを終了させようとするとプロセスが残り、それがポートを抑えてCassandraの再起動を邪魔する。
$ sudo cassandra -f
http://wiki.apache.org/cassandra/GettingStarted


 Casandraが立ち上げられたら、新たにターミナルをもう一つ開いてcqlshでいじってみるのもいい。
$ cqlsh
・入力の終わりはセミコロン";"でしめる
・文字列の開始と終了はシングルクオートで行い、ダブルクオートで行うことはできない
など。
プロフィール

Matoba

Author:Matoba

最新記事
リンク
作ったものなど
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

検索フォーム
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。